HOMEふるさと情報大槌応援団ブログ一覧大槌町復興推進隊持田専用ブログ

大槌町復興推進隊持田専用ブログ

大槌町復興推進隊持田専用ブログ

持田 崇
大槌町復興推進隊持田のブログです。 ゲームの力を活用して、課題の解決を図る「ゲーミフィケーション」と大槌町においての取り組みについて12回にわたり連載します。

【第8回】「イングレスとのコラボレーションと地域活性化」

みなさん、こんばんは!

大槌町復興推進隊の持田(もちだ)です。

よく「コラボレーション」とか「タイアップ」などの言葉を耳にしますが、その違いをよくわからず使っていたりします。

個人的にはアニメとかキャラクター、ブランド同士が一緒になにかやるのが「コラボレーション」。

企業の宣伝やテレビドラマなどで使用される楽曲などをはじめとする制作物の連携が「タイアップ」なのかなと漠然と思っていました。

いつものようにウィキペディアで調べてみると

 

コラボレーション(英: collaboration、略称:コラボ)は、共に働く、協力するの意味で、共演、合作、共同作業、利的協力を指す言葉。」

 

タイアップ (tie up) とは『結びつく』という意味で、一般的には、『協力・提携』という相互が利益を共有できる関係を築きたい場合に使われる。また、音楽業界・書籍業界とテレビ業界など映像業界の結びつきによって、相乗効果を得ようとする商法のことも指す。」

 

どちらも協力することに違いはないようで…

イングレスにはどちらがふさわしいか考えましたが、今回はコラボレーションで統一したいと思います。

イングレスは様々な企業や自治体とコラボレーションをしています。

企業では、ローソン、保険会社のアクサグループ、伊藤園、ソフトバンク、三菱東京UFJ銀行、大日本印刷(丸善、ジュンク堂書店など)、オートバックスなどがコラボレーションしています。

これら企業の実店舗(伊藤園は一部の自販機)はイングレスのポータルになっており集客や自社のファンづくりに役立てています。

このように企業がスポンサー料を支払うことで実店舗をゲーム中の重要スポットに設定してもらうシステムを「スポンサード・ロケーション」(スポンサー付きの場所)といいます。

さらに、ローソン、アクサグループ、ソフトバンク、三菱東京UFJ銀行ではイングレスのゲーム内で使用する自社の名前を冠した強力なレアアイテムを用意しています。

伊藤園ではキャンペーン期間中に自販機で特定のお茶を購入すると、イングレスのゲーム内で使用するアイテムがもらえるシールが添付されたペットボトルが出てくるなど工夫されていました。

また、バス会社のウィラートラベルは世界初のイングレスバス「NL-PRIME」を開発しイングレスエージェントを各地に運んでいます。

 

 

自治体では、岩手県と横須賀市がさきがけてイングレスとコラボレーションをしています。

岩手県では岩手県全域をめぐるミッションイベントを開催したり、横須賀市では無人島である「猿島」行きのフェリー料金を半額にする「イングレス割」を実施したりしました。

この試みにより「猿島」の検索数は前年同期比350%増になったそうです。

 

次回は、大槌町で行ったイングレスを使った地域活性化事例の紹介

「イングレスイベント①ファーストサタデー」です。(つづく)

【第7回】「イングレスミッション」

みなさん、こんにちは!

大槌町復興推進隊の持田(もちだ)です。

イングレスをしていると、たまに頭の中を駆けめぐる曲があります。

ハリウッド映画の「ミッション・インポッシブル」のテーマです。

直訳すると「実行不可能な任務」になるらしいのですが、主演のトム・クルーズは高層ビルをよじ登ったり、ミサイルに追い掛け回されたり、飛行機の外側に張り付いたりしながらミッションを達成、まさに不可能を可能にしていきます。

そして、我々イングレスエージェントにも当然のことながら様々なミッションが用意されています。

「ミッション・インポッシブル」ほど不可能な感じでは全然ないですが…

イングレスのミッションはポータルをめぐっていくスタンプラリーのようなものです。

各テーマに沿ったミッションに促され、指定されたポータルに行くと指令が出ます。

その多くがポータルをハックするという指令ですが、なかにはクイズが出題され答えを入力しないと先に進めなかったり、ポータルを制圧しなければならないものもあります。

ミッションに促されてポータルをめぐると、少しその地域のことが詳しくなったような気にもなります。

 

ミッションはある一定のテーマをもとに、エージェント(レベル7以上)が作成することができます。

いわばミッションはエージェントからの挑戦状のようなものです。

ミッションを達成したエージェントにはその勲章として「ミッションメダル」が授与され、イングレスに記録されます。

 

 

その多くが、ご当地をイメージしたデザインで、観光の記念にもなります。

メダルの多さや、入手困難なメダルを持っていることはエージェントたちのステータスの証になります。

ミッションはイングレスの画面上で、メニューバーをスライドさせ「ミッション」を押すと、現在地付近のミッションが表示されます。

 

 

大槌町にも、源義経が平泉で自害せず北へ向かったとされる「義経北行伝説」になぞらえ、平泉町から大槌町まで義経由来の地をめぐるミッションがあります。

平泉町へ行った際は是非やってみてください。

ミッションを達成し気が付いたら大槌町にいるはずです。

もちろん、ほかにも大槌町内をめぐるミッションもあるので、挑戦してみてください。

地域の名所旧跡のポータルをめぐることは、必然的に観光につながります。

次回は「イングレスとのコラボレーションと地域活性化」です。(つづく)

【第6回】「イングレスのポータルとは」

みなさん、こんにちは!

大槌町復興推進隊の持田(もちだ)です。

インターネットを使う際にまず真っ先にアクセスする「ポータルサイト」。

グーグルやヤフーが有名だと思いますが、そもそも「ポータル」という意味を深く考えずに今まで使ってきたように思います。

「ポータル」とは立派な宮殿や異世界などにつながる入口に使われる言葉のようです。

異世界につながる…まさに拡張現実を体現したイングレスに通じる言葉だと思います。

以前のブログでも触れましたが、「ポータル」についておさらいします。

「ポータル」とは陣取りゲームであるイングレスの陣地のことです。

世界各地に点在し緑陣営と青陣営が取り合います。

「ポータル」は実際にある名所や旧跡、建築、彫刻などが設定されます。

「ポータル」はエージェントがイングレスに申請し審査受理されると出現しますが、現在は申請自体を休止しています。

今後は「ポータル」の審査を、選ばれたレベルの高い「上級エージェント」に委託し、再開する動きがあります。

「ポータル」を取るためには現地に行かなければなりません。

外を出歩き、実際に現地に行かなければならないことと、「ポータル」自体が名所旧跡である場合が多いため観光や地域おこしのツールとして岩手県をはじめ多くの自治体に注目されています。

「ポータル」には編集機能もあり、名所旧跡の由来などを入力できるので、日常、見慣れたまちのモニュメントにも改めて光が当たり見直す機会になります。